多様な薬と葉と瓶
お知らせ
錠剤と瓶とスプーン

ピルは基本的には避妊目的で服用することが多いのですが、子宮筋腫などの婦人科系疾患を治療するために処方されることも多く、生理による出血を少なくすることができるので、過月経などによる貧血を抑えることができます。
またピルは女性ホルモンのバランスを整えるので、更年期障害に効く薬として使われたり、生理前の不快な症状を軽減する薬として使用されていたりと、避妊を目的としない利用も増えています。
日本ではピルはあまり普及していませんでしたが、ヨーロッパやアメリカで危険性の少ないピルが開発されたことから日本でも多くの女性が服用するようになっています。
婦人科系の様々な疾患に効果があるのですが血栓症のリスクが高まるので基本的には低用量ピルや超低用量ピルが処方されていて、中用量ピルなどに関しては緊急避妊用として利用される以外ではほとんど処方されていません。

女性ホルモンのバランスを整えるのは非常に難しいので、精神的なストレスなどが多い場合には薬によってバランスを調節することで生活の質を高めることができますが、サプリメントなどでも女性ホルモンと似たような作用のあるものがあるので、自分の体質にあった方法でホルモンバランスを整えることが大切です。
若い女性でも子宮などの病気の場合にはピルを服用する場合がありますが、妊娠を望む場合には、適切なタイミングで薬の服用を中止しなければならないので、医師に相談をする必要があります。
女性の体調は年齢によって変化するのですが、女性ホルモンのバランスが乱れたり、前述した更年期障害などになると、健康的な生活を送るのが難しくなるので、婦人科などを受診して適切な治療を受けることで、不快な症状を取り除いて質の高い生活を維持することが重要です。

記事一覧

ピルには、とてもいろいろな役割があります。 まず、性交渉を行う前に、望んでいない妊娠を防ぐため、赤ち...

両手で持たれる薬

避妊を目的としてピルを服用する場合には、通常は生理開始日の服用を開始します。 この場合は、1日目から...

葉の上にあるカプセルとスプーン

避妊用のピルというのは、女性の産む権利、産まない権利を重視するアメリカにおいて、1960年代からはじ...

カプセルを口に入れる女性

ピルには、女性ホルモンが含まれています。 排卵の抑制や子宮内膜を厚くしない、膣内の粘液減少や粘性の向...

薬を飲む女性

ピルは、生理日の移動に使うこともできます。 生理日を早めるには、生理開始日の5日目以内から服用を開始...

人気記事一覧